ダイエット博士ロゴ トップに戻る ダイエット体操 サプリメント ダイエット中の食事 ココロから始めるダイエット 今月のプレゼント ダイエット本を発売 着やせのコツ ダイエットQ&A サークル 栄養成分色々 娯楽ページ ダイエット5か条 メルマガ 携帯HP 販売規約 博士の部屋


ダイエット中の食事に関するコト
ダイエットクッキング(お料理) ダイエット1週間メニュー(1200kcal) 食品・食材のカロリーを覚えよう 
■主な食品のカロリー、G.I値表  ■カロリーページ(おやつ・コンビニ)
   ■日常生活のカロリー消費量はどれぐらい?

この下の表では、食品100gあたりのG・I値とカロリーを同時記載しています。

  G.I値・カロリー表
1、 穀物、パン、麺類 5、 果実
2、 野菜、いも類 6、 乳製品、卵
3、 魚貝、肉類 7、 砂糖、調味料、菓子
4、 豆腐、ナッツ類、海藻類 8、 ドリンク、アルコール

G.I値(グリセミック・インデックス)て?ダイエットの勉強をしましょう。


低インシュリンダイエットをする時に目安となるG.I(ジーアイ)値は、血糖値をコントロールするための数値です。
G.Iは、グリセミック・インデックスの略で、食品が血糖値をあげる速さを測定し数値化したものです。

血糖は、血液中の栄養素のひとつ、ブドウ糖のことです。血糖値とは、そのブドウ糖が血液中にどれだけ含まれてるかの数値です。ちなみに空腹時で血液100cc中に平均60〜100mg含まれています。そして食事後に血液中の血糖が上がることを、血糖値が上がると言うのです。

食事をすると、栄養素は体内の血液、筋肉、肝臓に運ばれます。そこで余ってしまったエネルギーは脂肪細胞にたまり、体脂肪となるため太るのです。この時、余ったエネルギーを体脂肪に運ぶのが「インシュリン」というホルモンです。
インシュリンは別名「肥満ホルモン」と呼ばれています。

しかし私たちの体にはちゃんと「やせホルモン」といえるものも存在しています。蓄えられた栄養素を分解し、体の外に出してくれる「グルカゴン」というホルモンです。グルカゴンは肥満ホルモン・インシュリンの分泌が抑えられている時に分泌されるのです。

そして問題の「肥満ホルモン・インシュリン」は血糖値があがればあがるほど大量に分泌されます。ということは、血糖値が急上昇しない食品を食べれば、インシュリンが抑えられ、グルカゴンが活躍するということ、その結果痩せるのです。

           *参考資料 永田孝之「低インシュリンダイエット」

検索エンジンからこのページに来られた方は、ココをクリック。http://www.diet-hakase.com ダイエット博士のトップページに戻ります。