ダイエット博士ロゴ

夏の体脂肪対策! きゅうりのダイエット漬け


お隣の国韓国からヒントをいただきました。夏の盛りに一番美味しくなるきゅうり、ミョウガ、青ジソ、をたっぷり使います。

酢の物やサラダが定番の夏野菜ですが、こんな風にあっさりと塩水につけただけのものも良いですよ。冷たくしてサラダがわりに食べたり、漬け汁ごと器に入れ、その中に冷たいゆでそうめんを入れて食べても美味しいです。

材料

きゅうり4本、ミョウガ4個、青ジソ一束、ショウガ1かけ、昆布15cm

作り方

@きゅうりは輪切り、ミョウガは縦半分に切り斜め薄切り、青ジソは縦半分に切り千切り、ショウガは千切りにする。
A水6カップ、塩大さじ2密閉ビンに入れてよく混ぜ、@の材料を入れ、さっと洗った昆布も加えて漬け込む。
B蓋をして冷蔵庫に入れ、3〜4時間後には食べられます。


超簡単お漬物ですが、旬のものをできるだけ手軽に新鮮に、素材の味を生かして食べること。
それだけでもなんとなく健康にいいって感じでしょ!

きゅうりには利尿作用でむくみを取ってくれたり、青ジソはカロチンや鉄、カルシウム、ビタミンCをたくさん含む、優秀な緑黄色野菜で抗菌作用もあり、胃腸の弱い方の心強い味方に・・

ショウガの辛味成分であるジンゲロンは血液循環を良くし、内臓の動きを高め、発汗作用により新陳代謝を活発にすることで、体脂肪を減らしてくれる効果があります。
昆布のミネラル成分も夏バテ防止のお手伝い。